観葉植物用語 サ行

挿し木・挿し芽/
よく用いられる繁殖法のひとつで、枝幹の一部分を土中に挿して発根・発芽させて、独立した植物体をつくります。挿し芽も同様で、草木類の茎葉を土中に挿して発根・発芽させる繁殖方法です。

挿し穂・挿し床/
挿し木に利用する枝幹や茎葉の一部分をそう呼びます。挿し床とは、挿し穂を挿す容器、または場所のことです。

下葉/
茎や枝の下部についている葉のこと。植物の多くは枝や茎の上部に生長力が集まるようになっており、下葉ほど枯れやすい傾向があります。

遮光材/
主に夏場の強い光を弱めるための資材です。すだれやよしずのほか、園芸用のダイオネット、寒冷紗等さまざまな物があります。

食害/
枝、茎、葉、または花が虫に食べられて生じる被害の総称のことです。

節間/
葉から葉までのついている部分の長さのこと。つまり節の長さです。

剪定/
よく使われる用語で、枝や葉を切り落として、全体の形を整えることです。整枝(せいし)という言い方もあります。

One Response to “観葉植物用語 サ行”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ