「観葉植物用語」の記事一覧

観葉植物用語 カ行

塊茎/ 株の地下茎が肥大して塊状になった状態のことをいいます 花茎/ 枝茎に葉をつけず、頂部に花だけが開く茎のことをいいます 学名/ その種に固有の名称として世界共通に用いられるのが学名で、一般的に「属名」「種小名」「品・・・

観葉植物用語 タ行

台木/ 接ぎ木の際の元となる方の木のことです。接ぐ方の木は「穂木」といいます。 高芽/ 茎の上部の節に発生した葉芽のことです。根を発生しますので、切り離して独立させることも可能です。 多肉根/ 肥大して養分や水分を貯蔵す・・・

観葉植物用語 ア行

あんどん仕立て(あんどんじたて) 仕立て方のひとつで、つる性の植物を鉢植えにして、細竹や針金で作ったあんどん型の支柱や枠に絡ませて仕立てる方法です。 羽状複葉(うじょうふくよう) 葉柄の延長部の左右の両側に、2枚以上の小・・・

観葉植物用語 サ行

挿し木・挿し芽/ よく用いられる繁殖法のひとつで、枝幹の一部分を土中に挿して発根・発芽させて、独立した植物体をつくります。挿し芽も同様で、草木類の茎葉を土中に挿して発根・発芽させる繁殖方法です。 挿し穂・挿し床/ 挿し木・・・

観葉植物用語 ナ行

根腐れ/ よく失敗する原因のひとつ。根詰まりだったり、水や肥料の与えすぎ、水はけの悪さ、病虫害等により根が腐ってしまうことです。根腐れした株は、鉢土に悪臭が生じることもあり早急に対処が必要です。 根詰まり/ 鉢土の中が根・・・

観葉植物用語 ハ行

培養土/ 観葉植物の生育に必要不可欠な栄養分を配合した用土のこと。観葉植物以外にも、草花、野菜などさまざまな専用用土が販売されています。 葉挿し/ 植物の繁殖方法のひとつで、1枚の葉を親株から切り取り、挿し床に挿して発根・・・

観葉植物用語 マ行

間伸び/ 節間が長く伸びた状態のことをいい、徒長枝の特徴のひとつでもあります。 主に、日陰や高温下に置き続けると起こりやすいようです。これは正常な生長ではなく、炭水化物の蓄積も十分じゃないのでしだいに株が衰弱してきます。・・・

観葉植物用語 ラ・ワ行

ランナー/ 親株の株元から長く伸びて子株をつける茎のことです。この子株が地表につくと発根して根付きます。またの名を「走り茎」ともいいます。オリヅルランが有名です。 腋芽/ 植物自体の幹となる茎から出る茎や葉の総称です。

観葉植物用語目次

ア行 あんどん仕立て/羽状複葉/腋芽/園芸品種/黄化/置肥/親株/ カ行 塊茎/花茎/学名/ガーデンバーク/活着/株立ち/花柄/管挿し/環状剥皮・舌状剥皮/気根/基本種/切り戻し/霧水/休眠/光合成/子株/ サ行 挿し木・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ