観葉植物が枯れる原因は?

大切な観葉植物を枯らさないで、長く元気に育てたい!
それには枯れてしまう原因を知ることが必要です。

枯れてしまう原因4つ

【水】

基本は土の表面が乾いたら、鉢底から出るくらい水をあげることです。

乾いた状況が数日続くと、葉がしおれたり下に向くようになり、いずれは葉がパリパリになり手遅れになります。

逆に土に水が多く含んでいるのに、追加追加で水をあげると植物が水を吸収できなくなり、根が傷む根腐れになり、葉が元気なくなり枯れてしまう場合もあります。

水やりの回数は、植物の種類や環境で違いがありますので一概には言えませんが、週に1回~2回を目安に土が乾く適切なペースをつかみましょう。

 

【光】

基本は部屋の中の明るい場所に置くことです。

光が不足すると葉が黄色くなり、徐々に傷んで枯れてしまいます。

でも夏の強い日差しは、葉が茶色くなる葉焼けの原因になりますので、レースのカーテン越しで遮光するか場所を移動しましょう。

日光の自然な光がベストですが、蛍光灯やLED電球なども日光の役わりを果たします。

1日8時間以上植物全体に光が当たるのが望ましいです。

 

【温度】

基本は暑すぎず寒すぎず、人間の感覚が植物も同じ適温になります。

15℃以上が元気に生育するベストな温度で、12℃くらいはぎりぎり耐えられそうな温度で、10℃以下は枯れる可能性が高くなります。

暑さに強い植物や、寒さに強い植物もありますので、植物の適性を知っておきましょう。

 

【虫】

基本は風通しが良い場所に置くことです。

風通しが悪いと虫が発生しやすくなりますので、日中は窓を開けて部屋の空気を入れ替えましょう。

カイガラムシやハダニなど虫が発生してしまうと、植物に必要なアミノ酸などの栄養素を虫が吸収してしまい、植物が弱って枯れる場合もあります。

虫が発生したら早い段階で雑巾や歯ブラシで取り除くか、消毒をしましょう。

 

【水】 【光】 【温度】 【虫】

この4つが主な枯れる原因になりますので特に注意が必要です。

その他の枯れる原因として、栄養が足りない肥料不足、根が張り過ぎた根詰まり、植え替えのタイミング、急な環境の変化などあげられます。

 

様々な原因を知って、予防して元気な植物を育てましょう!

観葉植物レンタルなら、月の定額レンタル料金のみで万が一枯れても無料で交換致しますので、常に良い状態で観葉植物をお楽しみ頂けます。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ