観葉植物の歴史って?

歴史を紐解くと観葉植物のように1年中緑である植物は繁栄や長生きのシンボルとされており庭園に使用されることが主であった。温帯地帯の広葉樹林帯および硬葉樹林帯では、美しい葉を備えた植物が多くありそれは長年、温暖なエリアで鑑賞のオブジェクトになりました。

日本ではサカキなどはむかしから宗教的に重要なものとして扱われていた。美しい葉を備えた植物の賞賛はオモトのようなモミジのような木から荻まで繁栄しました、できる、アオイ、マンリョウおよび草本、また、多くの変化がEdo時期に集められました。

江戸時代ではオモト、カンアオイ、センリョウ、マンリョウなどの小さい木を鑑賞する文化が盛んであり、高値で取引されることもあった。 一般家庭においても吊るしたシノブの葉を鑑賞し楽しむ文化があり、葉牡丹など鑑賞用にヨーロッパのキャベツが日本で改良されたものだと言います。 このようにむかしから観葉文化は日本でも日常的に存在していた。

産業革命においてガラス、鉄材の普及にともなって温室も多く作られ観葉植物の種類が一気に増えたと言われている。一般家庭においても室内の環境がよくなり植物が育てやすくなった。ヴィクトリア朝ロンドンにおいて光化学スモッグの影響で環境が汚染され室内の緑が重要視される傾向が高まったのもひとつである。

そういったあおりを受け日本でも明治維新にかけたくさんの園芸植物が作られ現在の観葉文化の先駆けになった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ