寒さで枯れるのを防ごう!観葉植物レンタル業者だからわかる対策法!

枯らさない! 冬の対策法は?

観葉植物は、原産地が熱帯地方がほとんどなので、日本の寒い冬に耐えられず傷んで枯れてしまうことが多いです。

そこで、冬でも枯らさず元気な観葉植物でいるように秘訣をお教え致します。 観葉植物のレンタルでは、クライアントに設置する場所がオフィスや店舗や住宅展示場や商業施設など多岐にわたります。 特にビルやマンションのエントランスは気温が低くなり、観葉植物が耐えられない環境になります。

気温としては、およそ5℃以下になると枯れるリスクが高まり、0℃以下になるとほとんどが枯れてしまいます。

観葉植物の置く場所を考えましょう! 普段は部屋の中の明るいところに置きますが、気温が下がる夜間は注意をして、特に窓辺は寒くなりがちなので部屋の中の暖かい場所に移動しましょう。 しかし、暖房の風が観葉植物に直接当たるのも乾燥で枯れる可能性があるので避けましょう。

そして、水やりは春・夏よりも控えめにして、土の表面が乾いてから2、3日後に水をあげるくらいが良いかもしれません。

温度と水に気を付けたら、今度は乾燥を防ぎましょう。 冬は湿度も低く暖房で乾燥しやすいため、時々葉の表面に霧吹きなどで水をかけてあげましょう!

植物の性質も知りましょう。

【比較的寒さに強い観葉植物】

カポック(シェフレラ)、ガジュマル、ユッカ、オーガスタ、ビロウヤシ、シュロチク、ドラセナ・コンシンネ、フィレデンドロン・クッカバラ、パキラなど

観葉植物レンタルですと、定期的に交換が出来ますので設置場所が寒い所ならば、冬は比較的寒さに強い観葉植物を選んで置くようにしております。

ご家庭では、毎日夜間に暖かい状態を保つのも大変だと思います。 そんな時、観葉植物に夜間だけビニールをかぶせたり、段ボールで囲うだけで、保温効果があり効果的です。

寒い冬は、様々な対策をして乗り越えましょう! 手間がかかり、ちょっと不安な場合は、観葉植物レンタルの弊社に任せて頂けると安心出来ますのでご検討して頂けると幸いです。

fullsizerender

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ