観葉植物用語 ヤ行

葉腋/
一般的に茎から腋芽が発生する葉の分かれ目の部分を指します。

葉痕/
葉が落葉した後の枝に残った葉のあとのこと。または葉印ともいいます。

葉序/
茎に対する葉のつき方を表します。互生、輪生、対生、等あります。

葉柄/
茎と葉身との間の細い部分のこと。葉身を支える役割と、茎と葉身との間の水分や養分の通り道になる役割があります。中には葉柄のない葉もあります。

葉脈/
葉身の中を張り巡っている維管束のことです。つまり、水分や養分が流れる管のことです。

葉面散布肥料/
葉に直接噴霧して吸収させる液体肥料のこと。水に溶かして霧吹きで与えます。根に負担をかけずに施肥できるので、根が傷んでいる株、または根が未発達の苗などに有効です。

寄せ植え/
ひとつの鉢の中に数株の植物を一緒に植え込む植裁方法のこと。主に、高低をつけた装飾目的で寄せ植えるケースが多い。同じ種類を植える場合や、種類の異なる植物を配する場合とがあります。

One Response to “観葉植物用語 ヤ行”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ